大阪市中央区 システムソフトウェア開発会社

営業時間:平日09:15〜18:15
MENU

ショックなことが続きます。

著者:馬詰道代
公開日:2016/01/20
最終更新日:2017/12/27
カテゴリー:雑記

昨日、帰りの地下鉄でまたも激震が走った馬詰です。
ネットニュースで知った、イーグルスのグレンフライの訃報。
健康診断帰りに悲壮な顔を見せたえみのハラ周りより、大きなショックです。
ハラ周りは日々の腹筋でどないでもなるでしょう。
えみちゃん、ファイトっ!

激震が走る地下鉄の中、
せやせや追悼の意を込めて、イーグルスを聴いて帰ろうと、某podをスクロールしました。
が、こともあろうに、イーグルスをDLしていなかったという事実。
完全に打ちのめされました。

仕方ないので、数年前に行った京セラドームでのイーグルスのライブを頭の中で再演することにしました。
生で聴く、”ホテル・カリフォルニア”は感動モノでございました。
あのときですでに御年60歳を超えてはったステージ上のイーグルス。
オーディエンスもそれなりの年代。
私の前方には後頭部がうっすらの方々。
3時間におよぶライブの途中、15分の休憩がございました。
ときは真冬のことでした。
ステージ上もステージ下もトイレが近い年代です。
女子トイレが長蛇の列はいつもこと。
このときは男子トイレも長蛇の列でございました。
私はその光景になぜだか心動かされました。
トイレが近い年代になってもライブをするイーグルス、ライブに足を運ぶオーディエンス。
珍しいモノを見た感動にしばし浸っておりました。

ちゃうやん!
あかんやん!
私もトイレやん。
っで、遅れて列に並んだもんやから、私がトイレから出たときには、ステージ上で後半戦が始まっておりました。
京セラドーム、アホほど広いです。
11時発売開始の5分後にゲットしたアリーナの15列めぐらいのチケット。
照明が落ちたアリーナの後方から戻ることができません。
スタッフのお姉ちゃんに、
チケットを見せて連れて行ってもらうというていたらくで無事、到着いたしました。

そんなことを思い出し、人生、一瞬先は何が起こるかはわかりません。
人生、今ですよ。
この瞬間ですよ。

てなことで、さすがに25000円は高いので、後ろの席でもいいやで16000円の、ボブディランのライブ・チケットを入手いたしました。

さぁ、16000円、稼がなければ・・・

オワリ。

コメントは受け付けていません。

上に戻る