Appleのブランド力に驚かされた件

えみです。シン・ゴジラお盆中に2回観に行きました。

 

私が家で使っているPC関係は、クリエイターでもないクセに

カッコつけてすべてApple製で統一しているのですが…お盆にそれを処分しました。

MacBook Proの買い替えにあたり、母親に半強制的に貸し付けられた20万円の返済のために。

壊れているわけではないのですが、Macbook Proはもう5~6年前のモデルだし

iPadの差し込み口なんか前の型(あの大きかったやつです)やし…で大した金額にはならんだろう

全部で2~3万くらいになればええかなー程度に思っていたのですが、いざ査定してもらって驚きました。

まさかのトータル5万9500円ナリ。

S_4771831058586

決して新しいとは言えないProが3万9000円。ちなみに買った時の値段は13万ちょいでした。

差し込み口大きいし、今さら需要あるんかいな…と思っていたiPadがなんと1万500円。

iPhone’sも型の古さを考えるとそれぞれいいお値段で引き取ってくれています。

5に至っては画面がバキバキなのに2500円の値段をつけてくれました。

 

WindowsやAndroidのお値段がどれだけのものになるのかは知りませんが

Apple製品がこんなに良いお値段がつくとは思っていませんでした…(´_`)

ブランド力ってそんなにすごいんや…と改めて実感いたしました。

さっそくお金を握りしめて帰省し、5万を返済させていただきました。

ちなみに今回新しく買ったのはMacBookです。薄くて持ち運びもしやすいのですが

USBポートやらDVDドライブやらいろんな部分が省略されすぎていて

Proを買った時よりも出費が増えました…(´_`)

 

えみ