生命に満ちた美しい地球

おはようございます、高木です。

世の中にはいろんな人がいて、考え方もさまざまだなあと感じる今日この頃です。
一昨日のYの投稿を見て、あらためてそう感じました。

別に彼女を非難しているわけではありません。
あくまでも、いろんな人がいるなあとしみじみ感じているのです。

私たちを取り囲む自然環境は、いたるところに生命が満ちています。
一滴の水の中にも、気泡程度の空気の中にも、塵のような土の中にも、ほぼ例外なく無数の生命が活動しています。
このような、いたるところに生命(多くは微生物)が満ちているのが私たちが住む地球であり、それが地球の美しさそのものだといえるでしょう。

月や火星であればこうはいきません。
目を皿のようにして探索しても、生命はどこにも見当たりません。
ある種の敵意をもって「雑菌」と呼ぶ微生物すらどこにもいない「死の世界」なのです。

願わくは、余り細かいことに目くじらを立てず、自然と調和し、共存していくような生き方をしたいものです。