京都鉄道博物館へ行く

 

営業Yです。

昨年4月オープンから早くも1年が経とうとしています。

ようやく、行ってまいりました!

『京都鉄道博物館』

 

噂に違わず、スンバラシイところでした。

 

SL機関車に初めて乗り。

蒸気と黒煙を浴び。

汽笛の音を生で聞き。

 

私、あっという間にSLファンです。

 

食堂車両で駅弁を食べることができる、食事処もありましたよ。

人気があり過ぎて、12時過ぎには完売に。残念。

 

他にも、子供の頃からの憧れ”寝台列車”の実物展示や、体験コーナーなど盛り沢山。

正直中身がぶ厚すぎて、一日では回り切れませんでした。

 

鉄道の魅力は奥深いですね。

”ヲタク”と呼ばれる方々の年齢層が幅広いのも、それだけの魅力があるという証拠。

私は機械云々のことは興味がないので、きっと”乗り鉄”と言われるタイプかもしれません。

 

車椅子でも自由に見学できる施設です。

当時の転車台を中心にした「SL扇形車庫」。

一見の価値あり!です。