情報処理安全確保支援士

杉山です。

今週、情報処理安全確保支援士登録証が届きました。

 

情報処理試験の区分は何回か変更されていますがセキュリティ関連に区分の変更か一番入っているような気がします。

 

そんなセキュリティに関する情報処理業界初の国家資格なんですね。

IPAのサイトによると下記のメリットがあるそうです。

 

登録のメリット:
・国家資格「情報処理安全確保支援士」の資格名称を使用することができます。
・情報セキュリティに関する高度な知識・技能を保有する証になります。
・毎年の講習受講により、情報セキュリティに関する最新知識や実践的な能力を維持できます。

 

そして、「情報処理安全確保支援士」は登録していないと勝手になのってはイカンそうです。

 

しかし、情報処理安全確保支援士だからと言って何ができるのかよくわからないのが実態で、別段この資格を名乗ってする仕事無いんじゃないかと思います。

 

まあ、そんな国家資格に登録したんですけどね。

次に名刺作る時にネタとしてロゴでも入れて、セキュリティの啓もう活動でもしましょうか。

 

セキュリティを含め、新しい知識をガンガン吸収して挑戦するアプリケーションのシステムエンジニアさんを募集しています。

一緒に仕事しましょう。