営業職にちょっと憧れる。

高木です。こんばんは。

私の場合、社会人になってからほぼすべての期間、技術職という立場でした。
そうはいっても、一応は経営者ですので、技術だけをやっていればいいというわけではありません。

経営に関することはもちろん、営業も自分である程度やらないといけません。
その他諸々の雑用もあります。
会社を起こした以上は、技術に専念できないのはある程度しかたありません。

ということを踏まえて、今回は営業に関してです。

私にとっては、営業も雑用の範疇から出ません。
素人営業(とはいえ、もう10年以上やっていますが)の割には、それなりに仕事を取れている方だと思います。

私は決して営業が嫌いなわけではありませんが、どうしても営業に関する動きは鈍いのが正直なところです。
なぜそうなるのかは、理由がはっきりしています。

要するに、仕事を取れば、それを自分でこなさなければならないからです。
営業に専念して、仕事を取るだけ取れば、あとは他人がこなしてくれるのであれば、どんなに楽でしょう。

その意味で、私は専業の営業職にちょっと憧れたりします。

実際には、営業だけやって満足するはずもなく、結局は自分で手を動かすことになるのだと思います。
それでも、仕事を取るだけ取って、自分でやらずに済むならどんなにいいだろうと、矛盾したことを考えてしまうのです。

こんなことを書くと、営業に専念している方からはお叱りを受けそうです。
でも、そういう方は、ぜひ一度、自分でとってきたしごとを自分でこなしてみてください。
私が言っていることの意味が理解できるはずです。