大阪市中央区 システムソフトウェア開発会社

営業時間:平日09:15〜18:15
MENU

やっぱりYouTubeもキャラ立ちの件

著者:馬詰道代
公開日:2018/02/24
最終更新日:2018/02/24
カテゴリー:雑記

今週は毎日、YouTube動画編集に励んだ馬詰です。
すでにネタはあるので、流れるように作業ができるようになってきました。
水曜日の夕方、高木からコンテンツの音量が小さいという指摘があったので、木曜日に配信の君のブログに恋をして〜つかの間の憩い編はコンテンツの音量調整にチャレンジしてみました。

それまでは最初と最後のBGMのフェイドイン、フェイドアウトの音量調整はしていたのですが、本編の音量はイラわずでした。
つかの間の憩い編はまず、いつものBGMの音量を調節するやり方でやってみました。
が、イマイチ、足りない。
ググってみます。
該当クリップのみの全体の音量を上げるやり方を見つけます。
早速、やってみます。
んーなんか声が割れているやん。
がこの日はここでタイムアウトなのでそのまま公開しました。
ええんかい?!

昨日、公開した君のブログに恋をして〜見栄と妄想編では、コンテンツ本編の音量調整をシンプルに行いました。
多分、これが本来のやり方ではなかろうかと思います。
それでも、まだ、音が割れている感じです。
多分、音量、上げすぎやと思います。
まだまだ修行が足りません。
音の最終チェックはイヤフォンで聴くべきかもしれないです。

YouTube視聴は基本、アーティストのMVぐらいがメインの私ですが、今回、自分が配信するにあたって、いろいろ視聴してみました。
視聴する立場で何に惹かれるかという視点です。
ブログもSNSも同じなのですが、やっぱりYouTubeもキャラよなということを再認識いたしました。
キャラですよ!大事なのはキャラ立ちです。
なんかオモローい奴です。
なんか目離せんやん、なんか知らんけど気になるやんっていうキャラです。

そのときに見ていたのが、大学生のお兄ちゃんが10分間早口で喋るだけのYouTubeです。
自室なのか、日によったら夕日に顔半分染まってるしぃという、そんなシロモノです。
何?何?と思わず見てしまうというタイトルも大きいです。
タイトルだけで掴んでも、内容及びキャラに引き寄せられるものがないと、まぁ、1回で終わりますけど。

ということで、弊社もキャラ立ちですよ!
ということを先日の経営会議で力説しました。
中の人の顔が見えないインターネットにおいて、キャラ立ちは大事です。
まぁ、これはいわゆる、ブランディングというものに共通するのかもしれません。

すでにこのブログにおいて、キャラ立ちしているのはチャップリン(命名したのは私です)川上と高木と私でしょうかね。
っで、YouTubeはどうすんねん?!

コメントは受け付けていません。

上に戻る