君のブログに恋をして〜損得で動く人間模様編

ボンクラ営業マンの心中を推し量る技量などない男は、ただただ自分の手腕に酔うのだった。
かるてるの新規の契約を取り、会社の新規の契約もこなした。
「こうしておけば会社にはバレない」
男は会社から貸与されているPCとスマートフォンを使って、かるてるの営業をするようになっていた。
かるてるの営業メールにはかるてるの署名をつけたメールを送るようにした。
会社で取引している先に対しても、かるてるの営業をしかけていくのである。
まともの相手なら、明らかに会社を裏切る胡散臭い話である。
男の話には乗らないであろう。
男が持ちかける相手は、つまるところ、男と同じタイプの損得で動く営業マンばかりである。
同じ匂いがする人間同士、集まるものなのだ。
アトムソリューションの営業マンもその一人だった。
男の会社はアトムソリューションが扱っている案件にパートナー会社の技術者を参画させている。
その同じ案件に、男はかるてるの営業として、パートナー会社の技術者を参画させたのだ。
「近々、会社を辞めることになる」
男はアトムソリューションの営業マンにそう告げた。
アトムソリューションの営業マンは男に負けずとも劣らない、押しの強いタイプである。
小さな身体から発っせられるハリのある声でぐいぐいと押してくる。
数年前に会社を起こしたばかりで必死なのである。
アトムソリューションとかるてるとは新規契約を交わした。
かるてるとの縁を繋いだのは男である。
その男を抜かしてアトムソリューションの営業マンは、かるてるのボンクラ営業マンに直接コンタクトを取ってきた。
男のおかげで新規契約を取れたのは確かである。
売上は上がっている。
ボンクラ営業マンはアトムソリューションの営業マンからコンタクトがあったことを男に知らせた。
「アトムソリューションの案件は、単価が安いのに」
「どういうつもりでこっちに直接、言ってきたんだろ」
「俺が会社を辞めるつもりなのを知っているくせに」
男とボンクラ営業マンは頻繁にLINEでやり取りをする。
ボンクラ営業マンは、男の入社を受け入れなければならない方向に舵が切られていることに、モヤモヤした気持ちを抱えながら受け入れていくのであった。
YouTube版”君のブログに恋をして”もお楽しみください)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)