会社案内注文から「君のブログに恋をして」を熱く語る件

4月入って早々にロゴが新しくなり、取り急ぎ、名刺ですかねーっで名刺が新しくなりました。
名刺を一番よく使うメンバーから新しいものを使っています。
ということで、イャッホーと嬉しがって、新しくロゴでーす!裏もありまーす!と広報活動に余念がありません。
馬詰です。

名刺の次は会社案内です。
ということで、名刺のロゴを始めデザイン担当の吉田に、会社案内の入稿データまで作ってもらいました。
今月中には届くのではないでしょうか。
来月からは新しい会社案内になると思います。

会社案内から派生して、高木がまた”イランこと”考えています。
“イランこと”と言うと怒られるますかね(笑)
大阪弁でいうところの”イランこと”は、まぁ、”オモロイこと”と同義やったりします。
そのうち、また、わけのわからんことしだしたら、それがここでいう、”イランこと”かもしれません。
乞うご期待!

そして、高木が考える”イランこと”に乗ってしまう私も悪いんでしょうが。
なんなんですかね。
あの「君のブログに恋をして」って小説もどき。
おかしいでしょ。
大阪のソフトウェア開発会社というのが弊社、クローバーフィールドの本来の姿です。
ソフトウェア開発会社でなんで小説もどきなんですか?
それもブログだけにとどまらず、YouTubeまでも。

私としては、ソフトウェア開発会社らしく、こんなソフトウェアを作っています!という、ご紹介をドーンとしたいのですが。
まぁ、いずれそんなときがくるでしょう。
そのためのいろんな意味で、練習と申しましょうか、実験と申しましょうか、そんなところで私がいろいろやっています。
失敗したところで、事務員の仕業で済ませられます。

しかしながら、「君のブログに恋をして」がなんやしら、ジワジワときています。
私の知るところでは、確実に5名ほどは読者がいらっしゃいます。
ありがたい話です。
現在、37話まで書いています。
興味深くオモロイところに差し掛かっております。
これから終盤に向かいます。

小説なんぞ書いたことがないのでわかりませんが、書き始める前に大まかな筋とか登場人物の背景や人物像、時代や場所など骨組みをいろいろ考えるのではないかと思います。
この「君のブログに恋をして」は行き当たりバッタリです。
一応、辻褄があうようにを意識して、以前に書いたものを読み直してみたりしていますが基本、そのときの気分です。
といいつつ、ある話では、取材らしきものもして、そこから話を膨らませるという一端の物書きみたいなことをやった回もございます。

現時点ではシーズン1のラストシーンは頭の中に描かれております。
現在、ブログで絶賛掲載中の「君のブログに恋をして」はシーズン1となります。
1があるということは2もあるということです。
楽しみですねー