大阪市中央区 システムソフトウェア開発会社

営業時間:平日09:15〜18:15
MENU

Xcodeでのプロジェクト名の変更仕方メモ

著者:川上洋
公開日:2022/06/23
最終更新日:2022/06/23
カテゴリー:技術情報 雑記
タグ:

こんにちは。川上です。

社内用のiOS版「ポケットマンダラ」アプリが、一区切りした後、さて、何するべぇ?と昼寝していると、こんなんどぉ?と、「オズボーン」なるモノをググって、眺めました。

ふ〜ん、「ポケットマンダラ」風から、表示面の変更と処理の一部を調整していくと、軽くできそ〜みたいな感じでした。
MVVMモデル風:Model」(モデル)-「View」(ビュー)-「ViewModel」(ビューモデル)・・・に言えば
ViewとViewModelの編集と処理追加でした。
でも、Model等のDBやHTML化処理は、そのマンマで(手抜き)でした。

で、「ポケットマンダラ」prjから「ポケットオズボーン」prjへと、チェンジGo! でした。

で、検索Viewを「セレクション付きリスト」にしたいなぁと裏で企んでいます。

と、まぁ、「ポケットマンダラ」prjから「ポケットオズボーン」prjへ変更しました。

xcodeのverがUpすると、アレ?あん時のメニューはどこ行った? とか、前と違うやん。。とかで、あれれが結構あります。

使いたいモノを組み込みたい時、CocoaPodsはイマイチ面倒ので、以前から、Swift Package Manager を利用しています。
で、XcodeがUpされた時、アン時のSPMメニューどこ行ったぁ・・?と。。。探しましたw

で、2022/06/22時点でxcodeのverは、13.4.1でした。
「ポケットオズボーン」プロジェクト名への変更には、xcodeでの設定変更はできましたが、忘れちゃいました。

で、最近のお昼寝でしたけど、モゾモゾでARを眺めてました。
以前、 ARKit1やARKit2頃には、叩いて、溶けましたけどね。。。

近頃のAR Prjectの手立てには、こんな感じが在りました。
・ swift  + UIKit + RealityKit ・・ Reality Composerの使用
→ testAR2
→ testAR3
・ SwitUI +  RealityKit
→ testAR4
・ SwitUI + ARKit + RealityKit + FocusEntity
→ MyTestAR1
→ ARDice

最初test4名で作成してしもたので、testAR4に変更したことをメモりしてPDF化したのでした。
プロダクション名の変更PDF

ちなみにこのPDF化はMyアプリ群内のImg’s2PDFアプリで作りました。
(社内ボツ中で、まだ公開リリースしてないけど・・・・)

この秋に、macOSやiPadOS,iPhoneOSがUpされるので、きっと、使い方、変わるだろなぁ・・

ではでは。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

上に戻る