大阪市中央区 システムソフトウェア開発会社

営業時間:平日09:15〜18:15
MENU

SwiftUI沼でゆっくり浸る 組込みCSVFileから読み込む

著者:川上洋
公開日:2022/08/02
最終更新日:2022/08/02
カテゴリー:技術情報 雑記
タグ:

こんにちは、川上です。

前回分に書いた
 該当サイトからLoadした郵便番号File.Zipを解凍したCSVを内蔵アプリに組み込んだ実ファイルから・・
の、ざっとの処理の流れは。。

Myアプリに組み込んだCSVファイルから読み込んだ1行毎にある郵便番号内容データをString配列に作成。
で、そこから、detail-viewの表示用Arryの作成
です。

内臓に組み込んだCSVFile名の”27OSAKA.CSV”を引数にして、

CSVファイルから1行分を取得できれば、後は、ナンタラコンタラして、structデータに落として、表示用ArryからViewで、郵便番号と都道府県住所データをList表示するのでした。

で、大阪分の郵便番号行は、3849行持っているようなので、このままじゃ、使い難いwね。
ので、最後には欲しいデータ行の表示は、検索抽出したい形にしたいよね・・・でした。

ではでは。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

上に戻る