大阪市中央区 システムソフトウェア開発会社

営業時間:平日09:15〜18:15
MENU

SwiftUI沼でゆっくり浸る Stringから正規表現で抽出する

著者:川上洋
公開日:2022/08/06
最終更新日:2022/08/06
カテゴリー:技術情報 雑記
タグ:

こんにちは、川上です。

以前分の

Loadした郵便番号Zipを解凍したCSVデータをRAM上のベタStringから展開”から1行毎のString配列の作成する件です。

で、さの件

// MARK: == UnZipした1本のcsvのstringをArry化にする
return oneData2AddLineStrArry(onecsvstr)
は、ベタで取得したCSVStringデータを1行分Arryにして、
その後、detail-viewの表示用Arryの作成をするのでした。

からの続きです。

北海道分のZipを解凍したベタStringを見ると。

で、このベタベタTextから、”0941″より、”0640941”を抽出を正規表現で書くと

で、抽出をテストしてみると

ちなみに、宮城県や栃木県等のデータから抽出してみると。。。

で、正規表現で汎用に抽出できていたのでした。

でもって、1行分毎のArryを抽出してみたのは、

if getdatastr.pregMatche(pattern: ptnstr, matches: &ans)
は、正規表現で使ったStringのextension の関数を追加して使用したのでした。

コマゴマでちびりちびりして、次回へと続くのでした。。
ではでは。。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

上に戻る