大阪市中央区 システムソフトウェア開発会社

営業時間:平日09:15〜18:15
MENU

フリーエンジニアに一番必要なスキルは営業力

著者:高木信尚
公開日:2014/05/01
最終更新日:2017/12/27
カテゴリー:雑記

こんにちは、高木です。

ソフトウェア技術者が独立してフリーランスになるとき、一番必要なスキルは何でしょうか? プログラミングでしょうか? 上流工程でしょうか? はたまた税務上の知識でしょうか? もちろんそういうこともあるでしょうが、私は営業力が一番必要だと考えています。

ある技術者の方からお聞きした話ですが、特定の分野に関してはそれができる技術者が少なく、顧客からはかなり高額な報酬が期待できるそうです。ところが、実際に技術者に支払われるのは大した金額ではないといいます。つまり、一番付加価値があるのは、レアな技術を持っていることではなく、そういう技術者と顧客をマッチングできる能力だということです。

極端な話、営業力さえあれば、実際の作業は別の人にまかせてしまってもよいのです。実際、クローバーフィールドでも多くの案件はパートナーさんに実作業をおまかせしているわけですから、ビジネスとしてはそれで成立してしまいます。

そうはいっても技術者ですから、営業だけに終始するのではなく、自分で技術をやりたいですね。それはそれでいいんです。けれども、その場合でも営業力は本当に大切です。

営業力がなければ、営業を代行してくれる会社にお願いするしかなくなります。ビジネスとして一番大事な部分を丸投げするわけですから、これでは先々発展性が見込めませんし、リーマン・ショックのような大きな環境の変化があれば、簡単に淘汰されてしまうことにもなりかねません。

クローバーフィールドのような会社の立場からすれば、営業力がなくて頼ってくださる技術者がいるから成り立っている部分もなくはありません。けれども、そうした大人の事情はさておき、やはり独立してフリーランスになられた方々には、成功していただきたいのです。

では、個々の技術者が十分な営業力を身に付けた場合、クローバーフィールドの立ち位置はどうあるべきか? これは私個人の意見ですが、面倒な手続き関係をおまかせいただくことで、いくばくかの手数料をいただく立場というのが一番よいのではないかと考えています。

技術者が自分で営業して仕事をとってきたとしても、基本契約やら何やらで結構面倒な事務作業がたくさん発生します。こういうことは技術者が自分で何から何までやる必要はないでしょう。個人事業者の立場では顧客と直接取引できない場合もありますので、そうしたときにも間に入る企業があれば助かるはずです。

そんなんですからクローバーフィールドは大して儲からないのですが、多くの技術者に利用していただければ、ちりも積もれば山となるということで、それなりにやっていけるわけです。

今回はこの程度にしておきます。それではまたお会いしましょう。

コメントは受け付けていません。

上に戻る