大阪市中央区 システムソフトウェア開発会社

営業時間:平日09:15〜18:15
MENU

システムエンジニアとプログラマーの違い

著者:高木信尚
公開日:2015/09/14
最終更新日:2017/12/27
カテゴリー:雑記

こんにちは、高木です。

業界というか分野によっては、システムエンジニアとプログラマーの違いは明確なのかも知れません。
けれども、私がこれまで仕事を通じて関わってきた世界では、システムエンジニアとかいう概念はあまりなかったように思うのです。
主にメーカーやその周辺で仕事をしてきたからでしょうか?

他人から聞いたり、ネットで調べたりしても、システムエンジニアとプログラマーの違いはやはりよくわかりません。
私がこんな状況ですから、まったくの素人が区別できないのは当然だと思います。

私は自称「プログラマー」ですが、顧客との折衝も設計も当然のように行います。
また、営業も行いますし、それ以前の広報・宣伝活動でさえ行います。
もちろん、実装やテスト、アフターフォローも行います。

もし仮に、私が「プログラマー」と名乗るのが適切だとすれば、「システムエンジニア」というのはプログラマーの仕事の一部しか“できない”、または“しない”人ということになってしまいます。
おそらくは業界や分野による違いだとは思いますが、ソフトウェア技術者全体に「システムエンジニア」とか「プログラマー」という枠組みを適用しようとするのがそもそも無理なんじゃないかと思います。

小難しいことは何でもいいのですが、とにかく私は「プログラマー」です。

コメントは受け付けていません。

上に戻る