いかに効率よく実行するかにチャレンジ

えみです。

本日は朝から自分…いや、時間と勝負しておりました。
限られた時間で、いかに手の込んだお弁当を作れるかというチャレンジです。
下準備一切ナシで、朝からおかずを作ることにしました。
もちろん冷凍食品も一切使いません。制限時間は30分。
そして家のコンロは一口。一人暮らしあるあるですね~(´_`)

ちなみにメニューはこれ。
・アジのひらき
・ほうれん草のおひたしもどき
・ダイコンとにんじんの煮物
・たまご焼き
・プチトマト&米

この環境で、同時進行でおかずを複数作るのは簡単ではありません。
いかに効率よく作業するか、そこそこアタマを使います。
アタマの中で完成品と完成時間をイメージし、それを逆算して、各作業をそこに
あてはめていきながら眠たい目をこすって大事なお昼ごはんを作っていくのです。
まずはほうれん草をゆでるためのお湯を沸かして~その間にお米を洗って~
煮物は電子レンジで作れるレシピを活用して…など、いろいろと工夫をするのです。
それなりに工夫すれば、イチから調理しても一応30分で完成します。
こんなことを毎日繰り返す世のお母さま方…本当に頭が下がりますm(_ _)m

お弁当を作りながら、前の仕事をぼんやりと思い出しておりました。
求人広告の原稿作成が前職だったワタシ、それこそ時間との勝負です。
アタマをフル回転させて、最初にぱっと完成イメージを作り、自分の中での納期を決めた上で
時間配分など細かく自分の中で設定し、時短テクを駆使してヒーヒー言いながら作っておりました。
おかげさまで生産率が所属チームで一番になることができました(´_`)
ゼロから作り上げたときの達成感はそれはそれはハンパなかったです。

時間と戦うって意外とおもしろかったりします。内容によっては。
作業効率をアップさせていくスキルが身につくことが快感だったりします。笑
あくまで内容によっては…ですが。
今後もお弁当30分チャレンジは続けていこうと思います。効率化アップスキル向上をめざして。

856787px01_44012B2

ちなみにコレ、便利です。同時に3種類の調理ができるので。
一口コンロのお部屋にお住いの方にはぜひ試していただきたい。

 

えみ