類は友を呼ぶ。からの。

数日前から、右頬が痺れて眠れない夜が続いていました。日中も辛く「さてはストレスか?!(何の?)」とギリギリまで闘っていましたがとうとう我慢できず。口周りの事なので、とりあえず泣きながら歯医者に駆け込みました。

結果、ただの虫歯と判明。。。

 

営業Yです。

先日社内で「類は友を呼ぶ」という話題になりました。

 

明るい人の周りには明るい人が。

暗い人の周りには暗い人が。

 

引き寄せ、あるいは因果応報。

今のあなたの周りにいる人は、どんな人達でしょう?

私は常に「相手は自分の鏡」だと思っています。

似たような人が不思議と集まるのは、良くも悪くも自分の責任だと。

自分が「良い」と思える人と一緒にいたいのなら、自分を磨き高める努力をしなくてはなりません。

 

ただ、自分が良いと思っていても、周りから見たら「あの人達は良くないね」という評価を知らずと受けている場合…。

これは一体、どうしたら良いのでしょう?

 

仕事で損益が生じる場合は、やはり誰かが注意、指摘し改善に向かうよう促さなければなりません。

プライベートの場合は、第三者的指摘を受けるには難しいですよね。よっぽど親身になってくれる人でなければ。

 

結局は、自分自身で気付くしかないのです。気付ける自分でいなくてはなりません。

 

いつの頃からか、社内での話題が哲学的なものが増えました。帰宅してからもその事について考えたりして、人間的に学ぶ事が多くなった気がします。

 

我ら馬詰先生も仰っていました。

一番大切なのは自分を省みて、それを正しく行動に現すこと。

 

にわかに覚えている論語にもあります。

「子曰く、学は及ばざるが如くせよ。猶之を失わんことを恐れよ。」

✴︎自分がやってきたことは自信に変えても良いが、「常に謙虚でいなさい」。

ともすれば傲慢になって、その後の努力を怠ってしまいがちな自分を戒めなさい。

 

ということかと(営業Y的解釈です。あしからず。)

今宵、虫歯の治療が無事終わり、安泰気味な営業Yが行き着いたオハナシでした。