データベーススペシャリスト

 

営業Yです。

最近、検索ランキングにも挙がっている「データベーススペシャリスト」。

そうです、あのドラマ『逃げ恥』の準主人公”津崎平匡”さんの保有資格なのです!

IT業界で最難関といわれている、国家資格。(合格率16.7%)

更に「応用情報技術者資格」までお持ちです。(合格率20.5%)

かなりかなりの優秀なSEという設定ですね。

 

データベース(DB)周りのことは何でも分かっちゃう、ということです。

DBは奥が深い・・・。

リアル現場のSEの方によると「Oracleプラチナ資格」までとると、鬼に金棒だそうです。

 

ドラマの話で恐縮ですが、そんなハイレベル資格を保有のヒラマサさん。

「このレベルであればどこでもやっていけるだろう」という上層部判断により、リストラの危機に・・・!

 

個人的には、「まあそうだろうけど、会社的損失の方が大きいだろうに。絶対手放してはイケナイ人材」と思ったり思わなかったりしています。

 

最近のドラマではあり得ない視聴率を、毎週更新し続けているドラマ『逃げ恥』。

私は基本的に、平日にテレビは観ません。

しかし、そんな私も毎週火曜日22時、このドラマのためにテレビを観ています。

 

ちなみに。星野源さん効果で、深夜ラジオ番組「オールナイトニッポン」を10年ぶりに聴いたりしちゃってます。

 

人は単純なことで、日常に色がつくものですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

データベーススペシャリスト” に対して 2 件のコメントがあります

  1. 高木信尚 より:

    そうか、なるほど!
    「データベーススペシャリスト」も「応用情報技術者資格」も「Oracle何とか」もない私が、いかにダメダメかがよく分かります。

    それはそうと、「IT難関資格があればどこに行ってもやっていける」という命題が真なら、その対偶である「どこに行ってもやっていけないならIT難関資格がない」もまた真ということか?
    そんなバカなことはなくて、「どこに行ってもやっていけないのにIT難関資格がある」人はそれなりにいる気がしますけど。

    1. Y より:

      高木さん
      そうですね。
      「やっていけるかいけないか」は本人次第です。
      資格は取得した知識を活用、応用できてこそだと思います。

      ドラマ内では”就活アイテム”としての位置づけだったようです。

この投稿はコメントできません。