ご挨拶が遅れました

馬詰です。

本年もよろしくお願いします。
喪中の身なので新年のご挨拶は控えておりました。
先日、忌が明けましたので、ひと段落です。

さて、Y女史のIT県人会の投稿。
いいですねぇ。
人との繋がりはとても大事です。
いろいろな考え方や感じ方を知ることができます。

事務所の中にこもって仕事している私は仕事がらみで知り合う人が少ないです。
たまに私宛に電話がかかってきます。
「私にかかってくるのは会計事務所のおっちゃん、いや、おっちゃん言うたら怒られるわ。まあ、ええや、あのおっちゃんしかおらん(泣)」です。

そんなものです。

あとは郵便局の切手・印紙販売窓口のおばちゃんやビル斜め前にある靴修理のお兄ちゃんです。
郵便局のおばちゃんの家族構成を知っていることなんて自慢にもなりません。
靴修理のお兄ちゃんには名乗ることなく顔パスで靴を預けています。
ただそれだけです。
何の発展性もございません。

封筒やらをお願いしている業者の営業の男の子にいたっては、すでに甥っ子のようになっております。
年末の挨拶に来てくれたときには、年明けにプロポーズをする話をしておりました。
会社ではまだ誰にも言っていないという内密の話でした。
「結果、待ってるで。頑張りや。」と、完全に親戚のおばちゃんです。

そして、年明け早々、彼がやってきました。
嬉しそうにプロポーズした日のお天気から話をしてくれました。
うまいこといったのです。
秘密にする必要がなくなりました。
その報告だけで帰りました。
「ちゃんと相手の親御さんにご挨拶に行きや。」と見送りました。
何かお祝いをしたいと心から思います。

最近、ちょこちょこ関わっているお兄さんが長男在籍中の大学の卒業生だということを知り、それで盛り上がりました。

自分でいうのもなんですが、私は役所に行くと親切にしてもらえるタイプです。
きっと頼りなく見えるのです。
与し易いタイプに思われがちです。
人は外見で判断してはいけません。
何はともあれ、人との繋がりは大事ということです。