『この世界の片隅に』

 

営業Yです。

観てきました。映画『この世界の片隅に』。

昨年11月公開。当初より大変話題となっている映画です。

 

戦時中の広島県呉市が舞台。

ある一家に嫁いだ少女が、戦禍の激しくなる中で懸命に生きて行こうとする姿を、アニメーションで描いている作品です。

戦争を描いた作品にありがちな、アノ何とも言えない暗い、悲しい、引きずるような重たさは全くありませんでした。その時代を生きた人たち・主人公を素直に、普通に描いていて、むしろ爽やかで穏やかな気持ちで映画館を後にしました。

 

そして、とても穏やかな気持ちで「今を生きること」「幸せとはなにか」を考えさせてくれます。

アニメーション映画ですので、タッチの好き嫌いはあるかと思いますが、私的には、『君の名は。』よりずっと良かったです。

 

クラウドファウンディングによって資金調達・製作を行ったそうです。

昨年11月公開時は”ミニシアター”のみでの上映でした。

全国的にもたったの63館のみでの上映スタート。しかし、連日満席・立ち見がでるほどでニュースにも度々取り上げられていましたね。それがこの3ヶ月の間に上映館が一気に増え、200館を突破!

私も”TOHO映画館”での鑑賞ができました。平日のレイトショーでしたが、ほぼ満席でした。

 

おススメです。是非、観に行ってみてください。