初めての御神楽

 

営業Yです。

伊勢神宮へお参りに行ってきました。

毎年この時期に、御祈祷をお願いしています。

伊勢神宮は個人的な願い事をする場所ではありませんので、基本的に御礼参りです。

 

ご存知の方も多いと思いますが、御祈祷は2種類あります。一般的な「御饌(みけ)」と舞を奉納する「御神楽(おかぐら)」です。

いやらしい話、お値段も全く違います。

ですので、「いつかは御神楽を見てみたいな(嫁に行く時位かな)」と「御饌」でのご祈祷だけでした。

しかし、今回は思うところがあり(嫁には行きませんが)、初めて「御神楽」での御祈祷を経験した次第です。

❇︎上写真は引用です。実際は写真NGですので。

 

神前舞台のみに、ほのかな灯り。

倭舞・人長舞が雅楽の生演奏で奉納されます。

見たことのない、不思議な動きの舞でした。

雅楽も楽器演奏だけでなく、歌も歌います。

 

神様の前ですので「神秘的」という言葉は違うのかなと思うのですが、今までに感じたことのない雰囲気、空気感でした。

ただただ、素晴らしかったです。

死ぬまでに一度は見ておくべき景色のひとつだったなと感じました。

そして来年もまた、色んな意味でこの御神楽をお願いできる自分でありたい、と新たな覚悟が生まれました。

 

謙虚な気持ちで、全てのことに感謝できる人間でいたい。そう思います。

 

帰りは、おかげ横丁でベロベロでしたので、お土産を買えてません。

事務所のみなさん、ごめんなさい。

先に謝っておきます…。