技術に専念したい。

高木です。こんばんは。

一昨年あたりからでしょうか?
私自身、なかなか技術に専念できる状況ではなくなってきました。

致し方ないところもあるのですが、できれば技術に専念したいものです。

現実問題、いつまでも技術に専念できる人がどれだけいるのでしょうか?
いや、技術に専念していたとしても、本当にそれでいい人というのはさらに少ないはずです。

実際には技術ばかりやっているべきではなくても、技術しかできなかったり、やるべきことをきちんと認識できていなかったり、あるいは嫌なことや面倒なことを避けているだけだったりということもあると思います。

私の場合は、技術以外のこともやっていますが、まだ技術に軸足を置きながら仕事ができている方なのかもしれません。

今回はちょっと愚痴っぽくなってしまいました。
これ以上書くとどんどんネガティブな内容になりそうなので、今日はここまでにしておきます。
この話題については、いずれまた具体的なことを書いていきたいと思います。