短時間正社員

高木です。こんばんは。

たまには求人活動の話題から少し離れて、弊社が運用している制度のことをお話ししたいと思います。
今回は短時間正社員についてです。

短時間正社員というのは、読んで字のごとく、普通より勤務時間が短い正社員のことです。
決してパートタイマーとかではなく、勤務時間が短いことを除けば普通の正社員と同じです。
もちろん、昇給もしますし賞与も出ます。管理職にもなれます。

本来であれば待遇もまったく同じといいたいところなのですが、週の労働時間があまりにも短いと、社会保険の加入を社保庁が認めてくれないとか聞いています(ちょっと記憶があやふやなので正確性に欠けます)。
ガンガン残業してフルタイムと同じかそれ以上に働いたとしても、契約上の労働時間で決まるらしいです。
これは会社がどうこうではなく、社保庁がそういうのなら仕方がありませんね。

現在、弊社には2名の短時間正社員が在籍しています。
具体的に誰がそうかとはここでは書きませんが、間違いなく在籍しています。

そのうちの1名は、むちゃくちゃ働いていて、現状では社内で一番労働時間が長いように思います。
つまり、一過性の状況とはいえ、ほぼ目一杯の法定内残業をやって、さらに法定外残業までやっているのです。
本当にご苦労さまなことです。

今後、新たに採用する方々をいきなり短時間正社員で、ということはちょっと考えにくいですが、「こういうこともやっていますよ」という紹介でした。