IT関連の資格がまったくない。

高木です。こんばんは。

私は22歳で就職して以来、何十年間かほぼすべての期間、コンピュータに関わる仕事をしてきました。
最近では会社の経営なんかも少しやりつつ、プログラマーをやっています。

こんな私ですが、よく考えてみるとIT関連の資格が何もありません。
このプログラマーという職業、資格なんか何もなくても仕事ができてしまうわけです。

世の中には資格がないとできない仕事もたくさんあります。
医師もそうですし、弁護士や税理なんかの士業もそうですね。

IT関係の「資格」と呼ばれるものは、どこれもこれも検定であり、免許の類いではないのです。

最初に就職した会社からして、資格が必要とされることも、資格があったから有利になることもありませんでした。
そういえば、そのときの職場の同僚と河川敷で花火大会をやったことがあるのですが、そのときは後輩が持っていた危険物取扱者が(IT関連ではないですが)役立った記憶があります。
その程度だったのです。

私に関しては、おそらく今後もこの路線でいくことになるんでしょうねえ。

ただ、若手の社員が何らかの資格に挑戦するというのであれば、場合によっては私もいっしょに挑戦してもいいかと考えています。
若手だけが合格して、私が不合格になれば、一番話題性があってオイシイというものです。