副業してもいいんです

クローバーフィールドの杉山です。

先週、弁護士さんとお話をしていた中で副業についての話題が上がりました。
過払い金がらみで面白いのですがここには書けません。

 

ちなみに弊社では、就業規則で副業を許可しております。

単純に収入アップを目指すのもありですし、なにか将来の夢に備えて貯蓄をするのも結構です。
趣味や特技を活かすことで、収入目的以外にも社会参加できるのは素晴らしいことですね。

私も将来は武道の教室開きたいと思って、自分のスキルを上げているところです。
しかし、まぁ、ここで「但し」が付くわけです。
「副業するなら会社に届け出てね」と、これは2つ意味があるんですね。

 

ひとつは、副業することで会社での業務に支障がないこと。副業で寝不足で業務のパフォーマンスが低下したら会社として困ります。また副業関わる休みは有給休暇の範囲でがんばれですね。後で風邪ひいても知りません。
犯罪行為は当然「ダメ!絶対!!」ですね。
もうひとつ、会社と同業を別口で営むのは原則反則です。
ただ自前のソリューションを構築したり、プロダクトを開発するなら歓迎です。
所属している会社の資産を流用したり、営業情報を使うのは会社からの信任に背く行為、つまり背任罪なのでアウトですね。

 

人に言われへんような後味の悪いことは最初からしないのがベストです。
将来の夢を持って仕事に取り込むシステムエジニアやプログラマを募集しております。
また、フリーランスのエジニアさんにもお仕事紹介することも可能です。

興味のある方はどうぞ気軽にお問い合わせください。