求人の年齢制限

高木です。おはようございます。

現在、クローバーフィールドでは採用活動に力を入れています。
そのこともあって、就職・転職活動中のみなさんに、ときどき「入れ知恵」をするようにしています。

今回も、そんな「入れ知恵」のひとつです。

まずは、下記、厚生労働省のウェブページをご覧ください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/topics/tp070831-1.html

このページからリンクされているいくつかのPDFで、募集・採用における年齢制限禁止について、かなり詳しく書かれています。

要点だけをかいつまんで説明すると、いくつか例外はあるものの、原則として「募集や採用で年齢制限を課してはいけない」ということです。
その例外のひとつとして、長期勤続によるキャリア形成を図る観点から、経験不問であればある程度(35歳以下とかの)年齢制限を課してもよいことになっています。

逆にいえば、経験者を募集するのであれば、ほぼほぼ年齢制限を課すことはできなくなっているということです。
(ほぼぼほと書いたのは、子役俳優を募集するような場合は年齢制限を課してもよいからです)

雇用対策法第十条で、

事業主は、労働者がその有する能力を有効に発揮するために必要であると認められるときとして厚生労働省令で定めるときは、労働者の募集及び採用について、厚生労働省令で定めるところにより、その年齢にかかわりなく均等な機会を与えなければならない。

と定められているからです。

残念ながら、この法律を知らないからか、悪意をもって違反しているのか知りませんが、違法な募集・採用活動を行っている会社が少なくありません。
われわれの同業者にもそのような悪質な行為をしている会社が実在します。

これから求人に応募しようとされる方は、求人情報に十分注意を払って読み込むようにしてください。
とはいっても、そういったことに慣れないと、どうしても給与などの待遇面ばかりに目が行ってしまいます。
だからこそ、このような「入れ知恵」を行っているのです。

自分はまだ20歳代で若いので、年齢制限なんか関係ないと思って注意を払わないのは非常に危険です。
募集・採用時のことなので、入社してしまえばもう関係ないと考えるのも同様に危険です。

違法行為を公然と行うような企業は、募集・採用だけでなく、あらゆることで違法行為や犯罪行為をしている可能性が高いと思いませんか?
うっかりブラック企業に入ってしまって酷い目にあわされないためにも、求人情報はしっかりチェックしていきたいものです。