副業について語ってみる件

シフトチェンジのうまい馬詰です。
私の営業ネタに、弊社のドアに書かれている3つの名前(トップはクローバーフィールドですが)の説明があります。
その説明から、私の職歴へと話が展開します。
その3つともに私は在籍しています。

この3つの中で、職歴が一番短いのはクローバーフィールドです。
といっても、9年ぐらいになりますが。
本業、副業という括りで区別すると、職歴の一番浅い、クローバーフィールドは副業になるのでしょうか?
私自身はどれも本業だと思っています。

クローバーフィールドときじねこは同業ですが、クローバーフィールドに入社したときは、きじねこの代表でもある高木がクローバーフィールドの代表でした。
一般的に同業他社での副業は利益相反行為の観点からもNGなのですが・・・
まっ、私の働き方はなかなか面白いと思っています。
最初の頃、友だちはなかなか理解を示してはくれませんでした。
まず、ネットでモノが売れるの?から疑わしい感じでしたから。

ネットニュースで面白い記事を見つけました。
【会社員の副業】

クローバーフィールドは就業規則で副業については容認しています。
以前は簡単な定めでしたが、4月に改訂した折に、副業の項目は具体的に禁止事項などの定めを追記しました。

このネットニュースにも記載されていますが、副業は『時間管理』が難しいとされています。
本業に支障が出るような副業は本末転倒です。
また、当然やってはいけないこととして、就業時間内での副業、会社から貸与されているPCやスマートフォンを使用しての副業が明記されています。
やってはいけないことをする、そういうモラルに欠ける人種は少なからず存在します。
社会人として意識が低いと見るのが適当でしょう。
また、こういう輩は同じことを繰り返します。
人間としてそういう資質なので、仕方ないのかもしれませんね。
これが二十歳過ぎの若人なら、無知ゆえと許せることも、40を過ぎた大人では許し難く、世間からの信頼を失いしっぺ返しを食らうのが見えています。
『3つ子の魂百まで』と言われる子育てに是非が問われている昨今ですが、私はこういうモラルのない大人に育ちの悪さを感じます。

この記事にも書かれていますが、本業と副業を両立させるためには自己管理能力が必須です。
本業ですら、まともに自己管理ができない人が副業などできるはずがありません。
また、副業での年間所得が20万円を超えるなら、確定申告もしなければなりません。
前出のモラルのカケラもない輩は、社会人としてきちんと納税義務を果たす術も知らないでしょう。
ひとことで非常に残念な人です。

国の方針も、一般企業に限り、副業を原則容認しています。
が、本業と副業を真っ当に両立できる自己管理能力に長け、ポテンシャルの高い人材がどれほどいてるのでしょうかね。
そんな人なら起業すればいいと、私は思いますが。