たかがLINE、されどLINEの巻

LINEでも長文になる馬詰です。

会社の携帯にはLINEアプリは入れていません。
一応、スマホを使わさせてもらっています。
二つ折りのガラパゴス携帯でも事は足りる感じなのですが。
仕事せえよ!と自分で言っておきます(笑)
スマホでエクセルもいらうので、やっぱりスマホですかね。

個人のスマホにはアプリ、ようさん入っています。
LINEも入っています。
学生時代の友だちのLINEグループがいろいろあり、そこに所属しています。
先日、LINEアプリをインストールさえしていない高木が、勝手にアカウントを作成されるという事案にリアルタイムで立ち会いました。
高木および成りすましメッセージを受け取られた方には大変申し訳ないのですが、非常に興味深く、興奮いたしました。
その後の迅速な対応、横で見ていて、勉強になりました。

リアルに繋がれるという点がええような、悪いようなってなLINEですね。

元々、自ら誰かに声をかけて遊びに行くというより、誘われたら行くというタチです。
ひとり映画が好きなぐらいですから。
この点、営業向きでないなぁと思う日々でございます。
LINEに限らず、メッセージも電話もほぼほぼ受け身です。
そのくせ、逆鱗に触れたことには緻密にトコトンです。
どこなと行きます。
今、巷で話題のSNSおよびyoutubeで世間を賑わしている女優さん。
あそこまでトコトンではありませんけどね(笑)
基本、揉め事は面倒くさいので、ちっちゃいことはもうええやん、私が謝って済むなら謝るしです。
ただ、魔太ちゃんには社内で怒らせたら一番怖いのは馬詰さん、と思われています。
一番怖いですが、一番優しいのも私です。
自分で言っておきます。

いつものように前置きだけで、700文字オーバーです。
さて、LINEです。
やっと本題です。
本題は短いです。
前置きで含みを持たせ、軽くジャブを入れて終わりという、手法です。

昨日、夕方、帰社した高木と魔太ちゃんが家路についたあと、この時間から私の頭は非常に冴えます。
ゴールデンタイムです。
いろいろ調べものをしておりました。
LINEを眺めておりました。
LINEって日付と時間も明確に表示されます。
一方的なメールより、リアルタイムのやり取りが克明に記録されています。
っで、あることに気づきました。
オモロすぎて、誰かに言いたくてたまりませんでしたが、残念なことに事務所の中はひとりです。
言いたいけれど、ここでは言えません。
仕方ないので、
たかがLINE、されどLINEとはこのことか!と静かになった新トヤマビルでほくそ笑みました(笑)

LINEの取り扱いはくれぐれも要注意です。
基本、仕事で使うにはやめた方がいいでしょう。
エンジニアのスキルシートをLINEで流すなんてのはもっての外です。
まっ、リスクを認識して個人で使う分にはええんやないですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です