土曜のパパはいい汗をかいているのか《午前編》

クローバーフィールドの杉山です。

本日は土曜日です。
家族団らんと行きたいところですが、なかなかそうは問屋が卸しません。

我が家には二人の息子がいますが、それぞれ習いごとをしております。
本人たちが好きでやりたいとこであれば、親としては手助けしてあげるのしかないです。

と、言う訳で朝から次男のインラインスケートチームの練習の運転手です。
私の住んでいる堺市には大泉緑地という大きな公園があり、ここにスケート広場なる場所があります。
スケートやスケートボードなどの練習を公園内で無差別にすると衝突などの事故もあるので専用の場所があるのがありがたいです。

インラインスケートと言ってもホッケーのような球技のほかトリックやスラロームと言うようなアクロバティックな高度な技を競う沢山の競技種目があります。
その中でも、息子が所属チームはスピードスケートという非常にシンプルな競技です。

地味なトレーニングを毎回こなすのですが、上手にミニゲームを入れたりと練習した内容を早いタイミングで体感させることで技術を向上させる仕組みができているのが素晴らしいです。

上級者のスケーティングは非常に美しいです。
日々の練習おそるべし。

やらないといかんことも、やりたいことも沢山あるのですが、日々自身を向上させる努力を惜しんだらあかんと思いました。