今年はふっせ〜んの巻

とうとう今週末から12月という、押し迫った感を噛み締めている馬詰です。
噛み締めているだけです。
ノープレブレムです。

先日、土曜日。
自宅に置き薬屋のおっちゃんが来られました。
定期的に置き薬のチェックです。
カレンダーを持ってきてくれました。
一枚もんのクルクル巻いてあるヤツです。
「ハイ、カレンダー」って渡されたから受け取りました。
が、申し訳ない。
ほんま、ごめんなさい。
今まで何年ももらっているけれど、一回も使ったことがございません。
いや、ほんま、ごめん。
せっかくもらったのに誠に申し訳ないですが、捨てています。
カレンダーは買います。
冷蔵庫にはちっこい卓上サイズの壁にもつけられるタイプのものをピタっとしています。
それは頂きものですが。
という、我が家のカレンダー事情を踏まえて、クローバーフィールドも年末恒例のカレンダーはやめました。
今年は付箋にします。
多分、今後も当分は付箋でしょう。
↓です。

クローバーフィールド付箋

どうです?後光がさしています。
単にラッピングのビニールに光が反射しているだけですが。

さて、昨日あたりから弊社にご来社いただいた方に、日頃の感謝を込めて、「心ばかりの付箋です」と、そっとお渡ししております。

本日、海外に本社を構える会社さんが来られました。
2回目のご来社です。
「心ばかりの付箋です」と、テーブルの上を滑らせてお渡ししました。

「あっ、これ、本に貼るやつですね」とおっしゃられました。
「いやいや、それ、あれですよ、タスク管理っていうか、やらなあかんこと書いて、終わったらゴミ箱に捨てる紙です」
と、コテコテですやん。
私の説明(笑)

「ボクは本に貼っていろいろ書き込むんですよ」
「あっ、そうなんや。」
そうです。私は栞と勘違いしてはると思い、慌てて訂正したのです。

「本を読まれて気にとめておきたい箇所とかに付箋ですか?」
「そうです」
「どんな本を読まれるのですか?」
「ビジネス本が多いですね」
そこから速読の仕方を教えてもらいます。

タスク管理という意味では、
チームとして1週間にやるべきことを書き出していき、ホワイトボードに貼る。
1週間の終わりにどれだけタスクが残っているかを確認する。
残っているタスクは必要なのかどうなのか確認する。
等々、付箋の使い方を教えてもらいました。
付箋は自分ひとりで使うもの決めつけていたら、皆でシェアするという使い方にへぇ〜と思いました。
若い世代の方といろいろお話しするのは勉強になります。

ということで、今年の弊社の付箋。
まだ、数名にしかお渡ししていませんが皆さん、喜んでいただいています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)