君は君らしく、僕は僕らしくの巻

冬の夜空に輝く星
手を伸ばしても届くことない
その星の数々を
君はどこに隠すつもりなの?

鈍い光を放つ星を集めて、
手の中に握りしめる君
溢れ落ちないように
手に力をいれる君

君は君らしく
冬の夜空の下を彷徨い続ける
大きな湖のそば
君が安らぐ場所はそこにあるの?

君は君らしく

春の柔らかに輝く光
優しく世界を包んでくれる
その光のひとすじに
僕は導かれて進んでいこう!

鈍い光を放つ星はいらない
手のひらを空にかざす僕
身体中に溢れる力
真っ直ぐ前を向く僕

僕は僕らしく
若い芽が吹き出す道を突き進んでいく
小さなタンポポのそば
僕が躍る場所はそこにあるのだ!

僕は僕らしく

昨日、Twitterで見つけた文言から派生して、↑こんなん作ってみました。
北本っちゃんに作曲してもらおうかな〜(笑)

あっ、ちなみに、
弊社、ソフトウェアの開発をしている会社です。
お忘れなく!
馬詰でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)