キタッー!言霊は確実にあるのです!の巻

多分、私のこの能天気なポジティブさがクローバーフィールドを支えているに違いないと自負している馬詰です。
すごいこと、言うたな(笑)
相変わらず、ハッタリかまします。
ハッタリかました以上、できることはやります。
決めたことはキチンとやります。

私は自分の感覚を一番信じています。
昨年、秋ぐらいに、「クローバーフィールド、めっちゃ、ええ感じになってきたな」と実感しました。
実感したとともに、口にも出します。
言葉は口に出すと、より力を発揮します。
なので、経営会議でも株主総会でも口に出しました。
その場にいた人は覚えていないかもしれませんが。

プラスの言葉はよりプラスに、マイナスの言葉はよりマイナスに作用します。
私はマイナスの言葉はなるべく吐かないように意識しています。

そんな弊社、今年に入って社員が増えつつあります。
このご時世、売り手市場といわれる昨今において、経験者です。
別に変なことはしていません。
無理やり押し込んでいません。
自らの意思で弊社に入社していただきます。
未経験者も募集をしておりますが、ここにきてこの流れ、キタな!
めっちゃ、キテるやん!
キタッー!!!と叫ぶしかない状況です(笑)

今やから言います。
私は強運の持ち主です。
順風満帆にコトは運びませんが最終好転するという運です。
弊社の中で既往症の数は私がダントツだと思います。
身体を20針以上縫ってもらっています。
そんなことも経験しつつ、最終、いつもええ感じになります。
このええ感じ、わかります?
目に見える数字とかそんなんやないんです。
なんや、感じる、ええ感じです。

YouTube研究における脳科学動画で得た事案。

運は万人に公平に空から落ちてくるもので、運が良いという人はその落ちてくる運を掴むのが上手いだけ。
自分は運が良いと思う人にその運を掴むことができる

らしいです。

多分、そんな内容でした。
早い話が運が良い人も運が悪い人もいないということです。
本人の意識の持ちようということです。
そうであっても、私は自他ともに認める強運の持ち主です(笑)

4月にブルーノ・マーズが来日します。
今年のグラミー賞、主要部門を独占したブルーノ・マーズです。
チケット発売は昨年の秋頃でした。
私は娘夫婦にチケット手配を依頼されます。
ついでなので、息子2人の意向もききます。
長男が「行きたい!」というので、私はチケット3枚、入手することになりました。
ブルーノ・マーズのチケット入手はなかなか難度が高いです。
しかしながら、頼まれた以上は必ずゲットして、ドヤ顔をしたいじゃないですか。
私、必死になります。
っていうか、抽選なので、申し込むだけです。
この申し込みにどうすると当たりやすいか?というのを必死に調べました。
そして、先行抽選、一発めで当選しました。
当たる気しかしていませんでした。
娘夫婦の周りでは、みんな落選しチケットをゲットできない中、ゲットした2人です。
娘夫婦には「母さんの運のおかげ」と絶賛されました。
これで、私の老後は安心ですかね(笑)

ということで、私も久しぶりに動画を貼り付けておきましょうかね。
ブルーノ・マーズではありません。
11日、ライブに行きますんで、これです。
私がいっちゃん好きな曲です。