イモツルのmacOSのアップグレードの顛末4 ー2回目のフルインストール

こんにちは。川上です。

macOSのHigh Sierraの再インストールにし始めたのが2回目。

変な雰囲気になって、なんか変と思うと、今の内なら、さっさと、し直したのが良いのです。
2回目のインストールなら、1回目の続きの中で初見したページが、アヤフヤの設定にした結果内容を見ていると、アヤフヤの設定にも、おおよそで知ったのです。

お家での個人的なMyMacのインストールでは、あまりキツイ設定はしなくていい模様。

で、2回目のインストール中の設定に注意したことには、
・コンピュータアカウントの名前には、以前との同名で作成しない。
→ 「移行アシスタント」でタイムマシンの復元でのコンピュータアカウントは、新アカウントとダブルとマズイ

・「ファイルを全てiCloudに保存」は、「OFF」が良いようだ。
→ iCloudは容量は、デフォルトでは5GBなので、ちと、少ないので辛い

・「FileVaultディスク暗号化は、個人的には「OFF」しない方が良いようだ。
→「移行アシスタント」でタイムマシンで復元使用した時、メチャの時間に要ったので、1回目のインストールで頓挫した。

・「MacPorts」の「管理者のアカウント・・・」は、登録しなくても、良いみたい。
→ログインMenuに置けれてなくても良かったかなぁ?。何か必要なのか、そのうち知るかもネ。。。

MacHDのクリア後、再インストールの設定までし終えたのが、PM11:45。
もう、シンデラTimeまでもうすぐだ。
1回目のインストール時には、頓挫した「移行アシスタント」での復元の時間だ!

「移行アシスタント」の実行をしておいては、もう、お休みTimeで置いとこうとした。寝て待つのだ。予定でなら、朝の時には復元が出来ているはずだ。

Zzz・・ ..ooO Zzz・・ ..ooO

二日目の朝、復元は出来てました。

orgMyName、tmpHoge 、ゲストユーザー
ログインページのアカウントは、想定した3件分でした。orgMyName以外の、tmpHoge 、ゲストユーザーは、
「システム環境設定」ー「ユーザーとグループ」
から、さっさと、無くしました。

復元したorgMyNameは、見た目は、一応は復元したそのもの様に見えました。

で、ここからが、既存で使用できた環境での様々なアプリが、今までの動作ができているかの確認となります。

・   Keybordやマウスやプリンターなどのハード関連
・ メール関連
・ Web関連
・ ParallesのWindows10とOffice
  ・・・・
・ XcodeやUnityなどの動作関連
などなどの確認でした。

はてさて、どうなるかなぁ。
既存の動作ができているか、祈願したのでした。_mm_

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です