大阪市中央区 システムソフトウェア開発会社

営業時間:平日09:15〜18:15
MENU

「君ブロ」ロスを乗り越えて

著者:高木信尚
公開日:2018/05/06
最終更新日:2018/05/05
カテゴリー:雑記

高木です。おはようございます。

油断しているとあっという間に連休も終わりです。
みなさんは連休をどのように過ごされたでしょうか?

私は連休中も足の治療に通院を続けなければならない身でして、「できるだけ靴を履かないで、安静にしてください」と外科の先生から指示されてしまいました。
連休中も治療に付き合ってくださるのはありがたいことなので、文句をいってはバチが当たります。

先月はブログの投稿数が106件という驚異の記録が生まれました。
活発なのはいいことなのですが、ちょっと多すぎるかもしれませんね。
何ごとも限度というものがあります。

以前は私が毎日投稿していました。
ほかにコンスタントに投稿してくれる人がいなかったからです。
最近では馬詰や吉田がコンスタントに投稿してくれているので、私の投稿は週に2、3回で十分でしょうね。

さて、前置きが長くなってしまいました。

先日、「君のブログに恋をして」のシーズン1最終話が投稿されました。
これはどこかからの圧力があったために連載を終了したとか、そういうことではありません。
かなり早い時期から予定していたことであり、シーズン2以降を別の媒体で提供することも予定通りです。

とはいえ、詳細については軌道修正を都度行っています。
当初の予定では、シーズン1はブログで連載し、シーズン2を電子書籍にする予定でした。
しかし、シーズン1は音声化したコンテンツをTwitter上で公開し、さらにそれをもとにした動画をYouTubeニコニコ動画に投稿しています。
ブログの投稿は終了しましたが、Twitter、YouTube、そしてニコニコ動画への投稿はまだまだかかりそうです。

シーズン2の制作に先駆けて、シーズン1の再編集を検討しています。
登場人物が「男」、「ボンクラ営業マン」、「エンジニア」といった呼称だったのを、再編集版では固有名詞を使うことを考えています。
会社名も全面的に改定することを検討中です。

また、前半のテンポがよくなかったストーリーの構成も見直す予定です。
書籍化にあたっては、人物相関図のようなものも掲載したいと考えています。
同じ「君のブログに恋をして」のシーズン1といっても、ブログ版と書籍版はかなり違ったものになると思います。

書籍版のシーズン1という話をサラっとしましたが、書籍は当然シーズン1から作成することになります。
シーズン1完成後、シーズン2、シーズン3と続きます。
現在のところ、シーズン3で完結の予定です。

これは私が勝手に考えているだけなのですが、書籍化は電子書籍だけではなく、紙の書籍も制作してはどうかと思います。
何なら電子書籍はやめて紙の書籍だけでもいいぐらいです。

昨年11月に弊社代表の杉山がYouTubeで宣言したように、クローバーフィールドは今後、オリジナルコンテンツの制作に舵を切っていきます。
このように書籍の制作を行うのはその一環となります。
まだ何もかも手探り状態ですが、確実にひとつひとつ実現していきたいと考えています。

コメントは受け付けていません。

上に戻る