大阪市中央区 システムソフトウェア開発会社

営業時間:平日09:15〜18:15
MENU

労働保険料申請に行ってきた件

著者:馬詰道代
公開日:2018/06/23
最終更新日:2018/06/26
カテゴリー:雑記

昨日は昨今、マイブームとなっている労働保険料の申請に行きました。
私はいつも谷四の中央大通り沿いのFNビルに行きます。
クローバーフィールドときじねこと2社分を持って行きます。

まぁ、きじねこは知れています。
ややこしいことはありません。
あの緑の封筒2つ、鞄から取り出します。
「ややこしい方からお願いします」
と、ある程度埋めていったクローバーフィールドの申請書を提示します。
今期、確定分については私が記入した数字で合っているか、電卓を叩いて確認してくれはります。
それは問題ありませんでした。

問題は概算で出す来期予定分です。
労働保険料は今期確定分と概算予定分を出し、前回、支払った分を相殺して今回支払う額が決まります。
概算予定分をどうするか?という話になります。
弊社、1月に2名、4月に2名、社員が増えました。
現在も絶賛募集中です。
私は現時点での社員で来年の確定保険料を計算したメモを持って行きました。
カウンター向こうのおっちゃんは、それをもとにするのか、単純に今期確定分を倍にするかを提示しはります。

「それは会社さんによってまちまちで、来年、ようさん支払うことになりそうなら今回概算を多めにしたりしはります」
「んー、どうしょうかなぁ」
と悩みつつ、目の前の数字をみます。

今期確定分と前回支払った分との相殺は会社で計算した額とほぼ同じです。
私は今回支払う額、おおよそこれぐらいに収めたいという額を決めて、申請会場に向かっています。

その額ぐらいになるような概算ってどんな感じ?
という、我ながら無茶ぶりなことを言います。
言いながら、
そんなもん計算しな、わかるわけないやろ!
と、心のうちで自分に突っ込みます。

来年の確定分メモの数字にすると、私の予定をオーバーするのは一目瞭然です。
「んーじゃ、今期確定分を倍にした方でお願いします」
と、概算の計算をお願いします。
カウンター向こうのおっちゃんが記入していき、電卓を叩き、今期支払う額を決定しはります。
これがものの見事に、私が予定していた今回支払いたいと思っていた額とほぼ同じになりました。
当てもんに当たった気分です。
しかしながら、帰り道々、思案します。
今回支払う額、来年確定分と相殺して、来年の確定分と概算予定分をざっくり頭の中で計算します。
来年、すごいことになりそうです。
今回、もう少し、多めに支払っておくべきやったかも知れません。
まぁ、その心算をしておきましょう。
今さらながら、今後は長い目で見て考えようと思った次第です。
いろいろ奥が深いです。
何事もその仕組みを理解して、目先のことにとらわれず、長い目で見て判断すべきやと、つくづく思いました。
そんな事案は世間に山ほどあふれています。

そんなことを考えつつ、昨日は久しぶりにYouTube編集作業です。
一瞬、手順に戸惑います。
が、身体が覚えている自転車と同じです。
なんや、身体が覚えていました。
久しぶりの君ブロYouTube版です。
こちらも奥が深いです(笑)
久しぶりにリンク貼っておきます。
君ブロYouTube最新版 似た者同士編

コメントは受け付けていません。

上に戻る