それっぽいデザイン(京都):猫でもできるグラフィックデザイン99

「それっぽいデザイン」について考察しています。日本国内の地域別デザインとして「京都」についてみてみましょう。京都は年間で5,500万人を超える観光客が訪れる、日本を代表する観光地です。

「京都」から連想できるキーワードを思いつくままに挙げてみます。清水寺、大文字焼き、応仁の乱、八ツ橋、京都パープルサンガ、京都タワー、京都大学、立命館大学、祇園、祇園祭、山鉾巡行、龍谷大学、葵祭、舞妓、芸妓、平安神宮、鹿苑寺金閣、慈照寺銀閣、宇治茶、抹茶、にしんそば、柴漬け、千枚漬け、伏見稲荷大社、「そうだ京都、行こう。」、ねねの道、哲学の道、紅葉、東寺、京都駅、修学旅行、二条城、嵐山、湯豆腐、七味唐辛子、平等院鳳凰堂、南禅寺、三十三間堂、三千院、北野天満宮、太秦映画村、賀茂神社、西陣織、貴船神社などを思いつきました。

さすが京都、という感じの豪華なラインナップになりましたが、この中で「京都」を象徴できるものがいくつかありそうです。まずは分類してみましょう。

★名所(近代以前)
清水寺、祇園、鹿苑寺金閣、慈照寺銀閣、伏見稲荷大社、東寺、京都駅、二条城、嵐山、平等院鳳凰堂、南禅寺、三十三間堂、三千院、北野天満宮、賀茂神社、貴船神社

★名所(近代以降)
京都大学、京都タワー、立命館大学、龍谷大学、平安神宮、太秦映画村、ねねの道、哲学の道

★名物
八ツ橋、宇治茶、抹茶、にしんそば、柴漬け、千枚漬け、湯豆腐、七味唐辛子、紅葉、舞妓、芸妓、西陣織、

★イベント
応仁の乱、葵祭、大文字焼き、修学旅行、「そうだ京都、行こう。」、京都パープルサンガ、祇園祭、山鉾巡行

関西以外の方は修学旅行で、関西の方も一度は遊びに行ったことのある場所が京都ではないでしょうか。おそらく、そのコースに含まれている名所や、お土産として手にとった名物などが印象につよく残っているはずです。「清水寺」や「八ツ橋」、「鹿苑寺金閣」や「抹茶」はその代表格とも言える存在で、イラストにしたときにも京都を想起させる十分な力を持っています。

逆に、「京都駅」や「京都タワー」、「平等院鳳凰堂」や「にんんそば」などは、ビジュアルのインパクトは強いはずですが前に上げたものほどは印象に残っておらず、結果として優先順位が若干低くなりがちです。

「舞妓」や「芸妓」、「大文字焼き」「山鉾巡行」などは、大抵の人が実際には本物を見たことや体験したことがないにもかかわらず、京都をイメージさせる力を持っている珍しいコンテンツです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください