就職・転職活動中の方はお気軽にご相談ください。

高木です。おはようございます。

アクセス解析結果を見ていると、クローバーフィールドの採用情報を閲覧されている方がそれなりにいることがわかっています。
そのすべてが応募を検討されているわけではなく、おそらく就活サイトや転職サイトの関係者も結構な割合で含まれているはずです。

私はいつもいうのですが、Webで広報活動をやっていると、おおむね次の順序で反応が現れます。

  1. 売込みの問い合わせがある。
  2. スパムが発生する。
  3. 厳しい批判や誹謗中傷にさらされる。
  4. 狙い通りの問い合わせが発生する。

こう考えると、転職サイト等の売込みが来るのは当然で、避けては通れない道といえるでしょう。

さて、前置きはこれぐらいにして本題に入ります。

先日社内で話していたのですが、弊社の採用情報を見ていると、応募するか何もしないかの二択しかなく、非常に敷居が高くなっています。
弊社に限ったことではないのでしょうが、これではなかなか行動を起こしてもらえません。

そこで、ソフトウェア関連の仕事に就職・転職を考えている方を対象に、相談を受け付けることにします。
クローバーフィールドに応募するかどうかは関係ありません。
業界のこと、プログラマーという職業のこと、もちろんクローバーフィールドのことも、何でも構わないので相談に来てください。

メールや電話での相談でもよいのですが、基本は来社していただきたいと考えています。
応募ではないので、履歴書などの書類は不要です。
ただし、どこの誰かぐらいは教えてくださいね。

平日は20時ぐらいまでなら対応できますので、就業中の方でも無理なく来ていただけるかと思います。
土曜日の対応も検討可能ですので、遠方の方はご相談ください。

実は以前からこういう相談を受けることはあったのですが、大っぴらにはしていませんでした。
公の場では決していえないような情報もかなりありますので、きっと参考になると思います。
求人情報の見方など、求人を出す側でなければ知らないような情報もお伝えできればと考えています。
また、独立してフリーランスを目指す方、在宅勤務を目指す方にも、実体験を交えてお話しすることができます。

相談に来られたからといって、クローバーフィールドへの応募を強要するようなことはしませんのでご安心ください。
弊社としても、就職活動や転職活動を実際にされている方の生の声を聴くことで情報収集しようとしています。
お互いにとってメリットがあると思いますので、ぜひ気軽にお問い合わせください。