放課後の部活動「キタロボくん」の巻

部活マネージャーの馬詰です。
弊社の最年少社員、この業界未経験の彼に楽しく学んで貰おうと、ピッコロボを作ってもらっています。
名付けて「キタロボくん」です。
平日、業務後、帰社できる日に帰ってきてもらい作ってもらいます。
弊社の方針は社員の意向を重視して気持ち良く働いてもらおうです。
若い社員には、長い目で見て技術的にも社会人としてもスキルを磨いて成長して欲しいと願っています。
業務未経験という点で今回のキタロボくんは最年少の彼にお願いしました。

弊社、YouTubeで動画を公開しています。
システムソフトウエア開発会社と謳っているのに、そのほとんどが「君ブロ」です。
「君ブロ」の著者としては別に問題はないのですが、システムソフトウエア開発会社なのにおかしいじゃないですか。
システムソフトウエア開発会社らしい動画ネタはないんですか?
ということで、ピッコロボが候補に上がりました。
そして冒頭の彼に打診です。
「やってみいひん?」です。
業務後の作業になるので当然残業手当がつきます。
ピッコロボ本体、それにかかる諸々費用は当然会社が出します。
こういう意義のあるお金なら出します。

先週から放課後の部活が始まっています。
例の撮影用ライトも活躍しています。
私は家からカメラと三脚を持ってきて撮影です。
ついでにスマホで撮影してInstagramとFacebookのストーリーに投げときます。
Twitterもですが、InstagramもFacebook(ページ含む)も複数管理しています。
この辺りを一番使いこなせているのは弊社では私です。
それもほぼほぼスマホオンリーです。
ちなみに「君ブロ」もスマホオンリーです。
いわゆる、ケータイ小説のノリですね。
そんななので、放課後の部活の様子を撮るためにカメラとスマホを持ち替えて必死です。

キタロボくん
「キタロボくん」は金曜日に頭が出来上がりました。
きっと今ごろ誰もいない事務所で寂しがっているんやないでしょうか。
頭の中にはArduino互換ボードが入っています。
キタロボくん、二足歩行のロボットです。
このあと、お腹と手足が付く予定です。
出来あがり予定の写真を見ると、頭デッカチのお目々クリクリの可愛いヤツです。
頭だけでも可愛さ満載です。
出来上がりが楽しみになってきました。

この頭の中のArduino互換ボードで動かすようです。
PCと繋いでプログラミングするようです。
多分これが制御するってことなのでしょう。
このあたりは北もっちゃんがブログで説明してくれることでしょう。

Arduinoといえば、私もちょっと勉強しました。
ArduinoでLチカ(LEDチカチカ)をやりました。
「キタロボくん」の頭の中を見て、以前習ったArduinoの存在の意味がようやくわかりました。
私はしがない事務員なのでSESの営業をしていても、技術者の方々の作業がよくわかりません。
Webサイトについてはこう書いたらこう動くというのはわかります。
Webサイトの仕組みはわかっています、
Webサイトを作る案件であれば、その内容や流れは説明できますし、どんなスキルがあればいいかもわかります。

ということで、放課後の部活の新人マネージャーとしては今後もいろいろ勉強させてもらう所存です。