いくつかの…return元気 ・・のんちゃんのミライへのオススメ

こんにちは。川上です。

のんちゃんのミライへのオススメの記事を読みました。
woman-typeの
のん「無根拠でもいい。世界を変えるのは自信過剰な人の存在」“正しいこと探し”をやめて、たどり着いた新境地

のんちゃんの話、とっても良い感じです。
何かを動こうと始めているのんちゃんの輝く言葉がキラキラ・・

のんちゃんの輝きさや明るい「自信過剰」が、羨ましいです。
外野で応援して観戦して雌伏をしていたのんちゃんを見ていると、とっても元気にしてくれています。

キョンキョンが書いたものを読んだことがありました。

「若者はのびのびと元気でいて欲しい。それだけで私達大人にとっては希望なのだから」
by 「あまちゃん」を終えて

そこに、のんちゃんは、指針するミライ方法を明確に書いていました。

「ジジィよ、ほどほどに時々戻れ!yourヤング!」 by ワルイちゃん(かも?

ー・ー・ー

UnityとXcodeの現在の開発Verを記載していました。

「UnityのVersは、 Unity2018.2.1f1
また、Xcodeは、9.4.1 、Swiftは4.1 になってました。」

その際に、少しに忘れていたことを思い出しました。
「Unity3DとSwiftでiOSプログラミング」のNaniSundaのプロジェクトは、
UnityでBuild後にXcode側で組み込られたXCoodeの設定を変更しました。

・Project Document
Project Format : xcode 9.3-compatibile
・Swwift Language Version : Swift4.1

これで、現状での最新のプロジェクト用でのBulid向けの設定で出来ました。
でも、
・Deployment Tagret : 11.3
なので、iPhone6以降で動けれるけど、iPad min(1st)ではDL出来ないので、 シクシクですが。。(;;)

ー・ー・ー
この頃、本屋さんで漁っていると、また見つけてしまいました。
で、衝動買いしてしまいました。

まだ、ARを使える実機を持っていないのに、つい、買ってしまいました。
また積読になっちゃいました。

この本に記載されていた色々なHowtoなトピック分は良かったです。
・モデルの組み込み
・アニメーションやアニメーター
など、AR絡みのみでなくても、通常に対応できるところがいっぱいありました。

何処かでMyプロジェクトでユニティちゃんがダンスしてもらえたらいいなぁと。

ー・ー・ー

なんばHatchののんライブが楽しみです。・・・台風が困りませんように・・

ではでは。