日日是好日を観た件(えっ、君ブロ映画化?)

邦画より洋画が好きです。
当然、吹替より字幕です。
基本、#ひとり映画部 です。
馬詰です。
珍しく邦画を観てきました。
予告で観たときの樹木希林さんに食指を動かされました。
お茶のお稽古を通して主人公の女の子が成長しながら自分の人生に向き合う映画です。
主人公は黒木華さんです。
邦画ならではの繊細で優しい映画です。
劇中でも『日日是好日』の意味を問うシーンがあります。
毎日が好い日という意味ではないようです。
映画を観たら心でわかる感じでしょうか。

映画館に足を運ぶと本編が始まるまでに予告が流れます。
私はこの予告が大好きです。
次に観たい映画を見つけます。
本編が邦画のときは予告も邦画が多いように思います。
これ、観たいなと思ったものがありました。
邦画です。
『ハナレイ・ベイ』です。
来週、公開です。
原作が村上春樹氏で舞台がハワイというだけで観たい候補のひとつにランクインです。
『ハナレイ・ベイ』は村上春樹氏の短編集『東京奇譚集』に収められている一編です。
本棚を漁って読み直しました。
短編なのですぐに読めます。
ハナレイ・ベイでサーフィン中、鮫に襲われて命を落とした息子とその母のお話です。

先週、観たのは『イコライザー2』でした。
私の時間に合ったのがこの映画でした。
『日日是好日』の観客とは明らかに違う客層の映画です。
『日日是好日』は私よりひと世代、もしくはふた世代上の人生の諸先輩方々が多くを占めていました。
『イコライザー2』は男性が好きな類です。
その場違い感に持て余していたのですが。
予想に反して胸にぐっとくるなかなか好い映画でした。
そのときに流れた予告のひとつがこれです。

『ボーダーライン・ソルジャーズデイ』
いかにも『イコライザー2』を観た人が観たくなる映画です。
私は日本語字幕に心わし掴みされました(笑)
カルテル、カルテル、カルテルってぇ〜!!!!
と、心の中でシャウトしました。
正直言って、是が非でも観たいかといえば、『ハナレイ・ベイ』の方が観たいです。
しかしながら、君ブロに出てくる単語が連呼される様に、それだけを聞きに行こかしらんというわけの分からん思考になっています。
エンディングに流れる曲を聴きたいだけに映画館に足を運ぶという、マニアックなことをするタチなので、これもなんやかんや言いながら観に行くかもしれません。

私的には君ブロの映画化とか、誰かしてくれへんかな?と思うこの頃です。