ボードゲームが有力になってきました件(君ブロ・ボードゲームてかっ!)

昨日の続き.です。
馬詰です。
今月で14期も終わり、15期に向かうにあたりですね、来たるべき15期の事業計画を立てやなあきません。
そんな重要な時期です。
ぶっちゃけ言うて、事業計画なんぞ、昨年からですからね。
作り始めたのん。
長年の足踏み状態から思いつき運営を経て、今、ココです。
すみません、相変わらず、辛口です。
来月、無事に15期の扉を開けられることができた日には、イヤッホーです。
まぁ、寝て起きたら、扉は開いているでしょうよ。
明けない夜はございません。
止まない雨もございません。

そして、15期を無事に終え、16期に突入するときにはうちうちで15周年記念祝賀パーティーをするかもしれません。
いや、やっぱり面倒くさいのでしないかもしれません。
いや、もしかしたら、弊社きっての宴会部長がするっていうかもしれません。
ちなみに宴会部長は私ではありません。

前置き長すぎです。
なんか、ストレスがたまっているんでしょうか?

提題の件です。
そんな15期、その事業計画の中に組み込まれる勢いです。
たぶん。
いや、どうでしょう。
君ブロ・ボードゲームです。
ボードゲームが一番、てっとり早く取りかかれそうです。
昨夜はそれで盛り上がりました。

あまりコストをかけず、ご来社いただいた方には『ご自由にお持ち帰りください』で、無理から配布するのも手です。
君ブロを読んでこそ、このボードゲームの面白さがわかるという、フィクション小説とのコラボです。
フィクション小説×ボードゲームで君も君ブロ・プレーヤーになろう!
これはいわゆるR18+っていうんですか、大人のボードゲームなのです。
未成年には刺激が強すぎます。
どんな刺激なのでしょう(笑)
コラボするフィクション小説は買っていただくことになります。
ここで商売します(笑)

弊社、システムソフトウエア開発会社です。
システムソフトウエア開発会社ならシステムソフトウエア開発会社らしく商売をしろよとお叱りのお言葉もございましょう。
そんな堅いことを言っていたらこれからの時代生きてはいけません。
ありとあらゆる可能性にチャレンジしていかないといけません。
弊社きっての向こう見ずチャレンジャーおよび野心家でかつ最強のストレス耐性保持者の私としてはオモロイことがしたいのです。
オモロイことをして商売が成り立つのは楽しいじゃないですか。
何があっても面白がって楽しめる体質なので、ここ2年ほどは結構楽しんでいますが。
今後はもっと建設的なオモロイことを目指したいと思っているわけです。