大阪市中央区 システムソフトウェア開発会社

営業時間:平日09:15〜18:15
MENU

ブログ発信で得られる効果・効用の巻

著者:馬詰道代
公開日:2019/03/09
最終更新日:2019/03/09
カテゴリー:雑記

昨日のキーワードはアウトプットでした。
いつぞやもブログに書いたのですが、昨日、来社いただいた某営業さん。
前回、来社されたときには、昨年末よりアウトプットすることを始めたと言われておりました。
その後、それを継続してはるのかが気になっていました。
20代後半の彼はアウトプットを継続しているようです。
そして、「継続は力なりを実感している」と言われます。

こうやって毎日、何かを書くというのはなかなか大変でございます。
思えば、昨年の今ごろは書くネタには苦労しませんでした。
例のフィクション小説がありました。
フツフツと湧き出る妄想でツラツラと文言を並べるだけでした。
あれの続きも書きたいと思いつつ、いや、途中までは綴っています。
途中で止まったままです。
その続編はブログではなくいきなり電子書籍を出すという、無謀なことを考えています。
すでにオシャレな表紙は完成しております。
あとは中身です。
入れ物は用意されているのに!何しとん?!という状況でございます。

何かを書くとき、大変なことはネタ探しとそれを綴るエネルギーです。
めっちゃノリノリになれるネタがあると、あっという間に1000文字をオーバーします。
自分の湧き出る才能に酔いそうになります(笑)
継続してブログを書く、いわゆるアウトプットしていくのは毎日のネタ探しとそのネタでどれだけ自分を乗せられるか、ここがキモとなります。
ネタを探すことにより今まで見過ごしていた気づきに出会えるのも効果・効用のひとつです。
読んでくれるであろう人を意識するのが本来の姿なのでしょうが、そんなことを考えると文言が出てこないときがございます。
そういうときは不特定多数ではなく、ピンポイントを狙います。
なんならターゲットはひとりです。
誰とは明かさず、たったひとりのあなたに向けて書くわけです。

折々、そんな小技を取り入れながら今日もまたブログを綴る馬詰です。
いつぞやのブログで高木が書いておりました。
昨年のお盆前やと思います。
経営会議の中でブログ更新と書籍執筆についてが議題に上がりました。
書籍については、杉山と高木も書いています。
私みたいに妄想を綴るのとは訳が違う、人さまの役に立つことを綴っているであろう杉山と高木です。
(こうやってハードルをあげてプレッシャーをプレゼントしておきます)
その高尚な執筆とブログ更新を平行するのはなかなか厳しいという声がありました。
「じゃ、ブログは私が毎日、書きますわ」と言ってしまいます。
(まるで、「じゃ、営業しますわ」と言ったときと同じです)
といいつつ、サボったりもします。
高木の執筆がほぼええ感じに進んでいるようでしたので、ブログについては私が力を抜いても高木が書くであろうという魂胆です。

ここで、声を大にして言います。
私のブログでは弊社の技術をアピールでけへんのんです。
私のブログで得られるのは、採用面接に来られる方や弊社に初めて来られる営業さんがお初のときに一瞬見せる驚きの顔ぐらいです。
これぐらいが、私のブログの効果・効用です。
発する文言から想像する馬詰さんは身長160cm以上のゴツいおばはんなのです。
それやのに、目の前にいてるのはちっこいおばはんです。
名乗ると、えっ?!という顔をされるのです。
それがオモロイ今日この頃です。

このギャップでお初の人の心、鷲掴みです。
知らんけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事 :
上に戻る