大阪市中央区 システムソフトウェア開発会社

営業時間:平日09:15〜18:15
MENU

C++でC風ライブラリを作る(UTF-16からUTF-8への変換編2)

著者:高木信尚
公開日:2019/04/08
最終更新日:2019/04/07
カテゴリー:技術情報

高木です。おはようございます。

前回ctrtomb関数のchar16_t型版の仕様を考えました。
今回は、その仕様に基づいた実装を行っていきます。

あまり能書きが長いのは嫌になってきますので、早速コードを掲載することにします。

ちょっと乱雑になってしまいましたが、こんな感じでどうでしょうか?
UTF-32からUTF-8への変換部分については、別の関数にして流用可能にしたほうがいいかもしれませんね。

今回はいったんここまでにして、次回、char32_t型版のctrtomb関数を実装する際にその対応を行うことにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

上に戻る