大阪市中央区 システムソフトウェア開発会社

営業時間:平日09:15〜18:15
MENU

C++でC風ライブラリを作る(UTF-8からUTF-16への変換編)

著者:高木信尚
公開日:2019/05/12
最終更新日:2019/05/11
カテゴリー:技術情報

高木です。おはようございます。

前回はUTF-8からUTF-32への変換でした。
今回はそれを利用してUTF-8からUTF-16に変換するためのmbrtoct関数を多重定義することにしましょう。

UTF-16にはchar16_t型を使用します。
以前からの方針として、char16_t型はUTF-16を扱うものと仮定しています。

さらに、wchar_t型にも対応することにしましょう。
wchar_t型の内部表現はUTF-16またはUTF-32のいずれかであることを仮定しています。

それではさっそくコードを書いていきましょう。

素直な実装ですが、一点だけ工夫があります。
サロゲートペアが必要になる場合がそうです。

いったんUTF-32に変換し、その結果がU+10000以上だった場合、その時点ではサロゲートペアの上位側を結果とします。
ps->stateにはUTF-32をそのまま格納し、次に呼び出したときにサロゲートペアの下位側を結果として返せるようにします。
サロゲートペアの下位側を返す際には、mbrtoct関数の返却値は0とします。

次はwchar_t型版を実装します。

ctrtomb関数のときと同じで、wchar_t型のサイズで振り分けているだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

上に戻る