大阪市中央区 システムソフトウェア開発会社

営業時間:平日09:15〜18:15
MENU

NPOIでExcelのBookを作成してみる

著者:杉山貴規
公開日:2019/05/17
最終更新日:2019/05/18
カテゴリー:技術情報
タグ:

クローバーフィールドの杉山です。

ExcelのBookを生成するシリーズ第三弾です。

今回は、NPOを使用してみたいと思います。

元々、Apache POIと言うJava用のライブラリがあるのですが、これを.NET向けに作成したものがnpoiになります。
npoiの「n」は、.NETの「N」かな。知らんけど。

npoiは、poiの機能以上を実装しないためか、ゆっくりと更新が進んでいるようです。

ドキュメントは、Apache POIベースで作成しているためか、前述のOpenXMLやClosedXMLに比べて貧弱です。

まずは開発環境にnpoiのライブラリを取得します。

Visual Studioで新しいプロジェクトを作成し、パッケージマネージャコンソールを起動し、下記のコマンドを実行します。


PM> Install-Package NPOI -Version 2.4.1

令和元年5月16日現在の最新バージョン2.4.1がインストールされました。
これでコードを書く準備ができました。

NPOIはwikiなどの資料があまりないので、本家のApache POIのドキュメントも含め参考にしています。

今回添付のコードでは、”xlsx”形式のBookを出力していますが、NPOI.HSSF.UserModelを使用することで、”xls”形式のBookも取り扱うことができます。

OpenXML, ClosedXMLと異なり行やセルの位置の指定は数値(0始まり)で設定可能です。
一覧表形式でファイルを出力する場合など非常に便利だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

上に戻る