大阪市中央区 システムソフトウェア開発会社

営業時間:平日09:15〜18:15
MENU

夏季賞与が出たぞ!さすが、U2推しの会社の巻

著者:馬詰道代
公開日:2019/06/11
最終更新日:2019/06/11
カテゴリー:雑記
タグ:

Twitterの某界隈、まっ、私のアカウント界隈ですが、そこでは弊社はU2推しのええ会社となっております。
そんな弊社、昨日、夏季賞与が支給されました。
弊社、末締めの翌10日が給与支払い日になっております。
夏季賞与は6月10日、冬季賞与は12月10日です。
ということで、5月分給与と夏季賞与を振り込みました。
賞与については入社半年経過後から支給です。
対象者は正社員と短時間正社員です。
契約社員(短時間契約社員を含む)は対象外となっています。
一般的な世間様において、契約社員は正社員より給与も低く賞与もないようです。
私は派遣や契約社員で働いた経験がないので、その辺には疎いです。
間違えていたらごめんなさい。
弊社の場合、契約社員の方が毎月のお給与は多いです。
賞与分を上乗せしているイメージです。
そんなわけで賞与と退職金はありません。
あとは責任のある立場にはなれません。
これについては昨今、責任のある立場になるより給与は低くても緩りと暮らしたい、そんな人が多いようです。
弊社の考えとしては、契約社員より正社員で入社していただきたいのです。
なるべく長く在籍してもらい、会社とともに成長していってもらいたいと思っています。
正社員の方の成長に繋がるために、勉強会の開催やその他必要ならば書籍等の提供も行っています。

2020年4月1日(中小企業は2021年4月1日)『同一労働同一賃金』が適用されます。
私はこの『同一労働同一賃金』の言葉の意味はわかるのですが、ヤイヤイ言う意味がようわかりません。
ぁあ、面倒くさい、みんな、正社員でいいんちゃうの?と思ってしまいます。

さて、夏季賞与の査定は昨年の11月から今年の4月までの個々の実績と会社の業績によって決まります。
個々の実績だと賞与査定がゼロの社員もでてきますが、それはあまりにあまりなので、ほんのぽっちり、気持ちだけ、寸志程度のものでごめんね、で支給します。
中小零細企業なので、夏季賞与が出たと豪語しても、世間一般からすると安いのかもしれません。
そんな金額で、出た出た言うな!とハリセンでバシコンとされるかもしれません。
営業間で聞く、この業界の中小企業の賞与額と比べると、まぁ、こんなものかなという認識です。
先日からTwitter界隈でバズってる某私鉄会社(私は結構、好きな路線です)の昨年度の年代別月給額と賞与額を拝見しました。
弊社の給与は安いと自虐ネタにしていますが、そんなに卑下することもないのかなと、実力さえつけたらそれなりに格好つくんやないかと、そんな気がしました。

外資系っぽく実力主義でかつ昭和っぽい人情主義が弊社の特徴ではなかろうかと思います。
人情主義が7割、8割占めますけど。
昭和感満載ながら、U2来日するし、ライブ行くし、有給使うし、という取締役は日本全国、私ぐらいかもしれません。
馬詰でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

上に戻る