大阪市中央区 システムソフトウェア開発会社

営業時間:平日09:15〜18:15
MENU

Cellの書式を設定する(EPPlus編)

著者:杉山貴規
公開日:2019/08/02
最終更新日:2019/08/01
カテゴリー:技術情報
タグ:

クローバーフィールドの杉山です。

ExcelのBookを作成してみるシリーズの続編です。

毎度のことながらブログの更新をさぼっております。

なかなかまとまった時間が作れませんでした。
と、いいますかOpenXMLについては、まだドキュメントを精査中です。
・・・いつまでも終わらん気がしますけど。

まずは解りやすいところから記事にしていきたいと思います。

今回は、EPPlusで書式設定に挑戦です。

設定する書式は、文字列、数字、日付、時刻です。

文字列(@)については以下のパターンを確認してみました。
A1 : 書式だけを設定
B1 : 書式を設定せず文字列を設定
C1 : 書式を設定せず文字列(数字)を設定
D1 : 書式を設定して文字列(数字)を設定
E1 : 書式を設定して数値を設定

数値(#,##0.0)については以下のパターンを確認してみました。
A2 : 書式だけを設定
B2 : 書式を設定して数値を設定
C2 : 書式を設定せず文字列(数字)を設定
D2 : 書式を設定して文字列を設定

日付(yyyy/mm/dd)については以下のパターンを確認してみました。
A3 : 書式だけを設定
B3 : 書式を設定して文字列(日付)を設定
C3 : 書式を設定せず文字列(日付)を設定
D3 : 書式を設定して文字列を設定

時刻(HH:mm:ss)については以下のパターンを確認してみました。
A4 : 書式だけを設定
B4 : 書式を設定して文字列(時刻)を設定
C4 : 書式を設定せず文字列(時刻)を設定
D4 : 書式を設定して文字列を設定

実行するコードは下記のとおりです。

実行結果は、下記のとおりです。

EPPlusで作成したBook

それぞれの書式設定の状態を確認してみました。

B1, C1 : 書式を設定せず、値に文字列を設定した場合、書式として”標準”が設定されています。納得。
D1 : 「数値が文字列として設定されている」と警告がありますが、書式に”文字列”が設定され先頭の0も表示されています。
E1 : 書式は”文字列”となっていますが先頭の0が落ちています。利用する際は要注意ですね。

A2, B2 : 書式としては通貨扱いになっています。
C2 : 書式として通貨が設定されていますが文字列扱いの表示になっています。

A3, B3 : 日付はユーザ定義の書式として正しい設定されています。
C3 : 書式は”標準”が設定されており、値は文字列扱いです。
D3 : 書式は設定されている状態で文字列がそのまま表示されています

A4, B4 : 時刻はユーザ定義の書式として正しい設定されています。
C4 : 書式に”標準”が設定されており、値は文字列扱いです。
D4 : 書式が設定されている状態で文字列がそのまま表示されています

・・・数値にするにはどないしたらええのか要調査ですね。
書式の設定するための方法として、フォーマットIDを使用するやり方もあるのですが、これはまた後程。

とりあえず、他のライブラリも同様の書式設定を試してみたいと思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

上に戻る