大阪市中央区 システムソフトウェア開発会社

営業時間:平日09:15〜18:15
MENU

Qtプログラミング-セルの変更続き

著者:津路高広
公開日:2019/11/14
最終更新日:2019/11/14
カテゴリー:技術情報

津路です。
さて、前回で状態を保存し、検知してみました。
プログラムを閉じる際と、ファイルをオープンする際に、保存するかを尋ねます。

closeEventは、閉じる際に呼ばれます。オーバーロードしています。

Spreadsheetクラスには、セルに変更があったことを保存し、反映する機能が必要です。

autoRecalcは、単なるフラグで、起動時にONにしておきます。
recalculate関数にて、シート全体にフラグを立てます。

somethingChanged関数は、イベント処理で呼びます。
前回までで紹介したように、クラスのコンストラクタで、itemChangedイベントが起きたときに呼ばれるよう、connectしておきます。

コメントは受け付けていません。

上に戻る