大阪市中央区 システムソフトウェア開発会社

営業時間:平日09:15〜18:15
MENU

Qt – Androidアプリ開発 – exportとproperty alias問題解決

著者:津路高広
公開日:2020/03/03
最終更新日:2020/03/03
カテゴリー:技術情報
タグ:

津路です。
Qt – Androidアプリ開発 – exportとproperty alias問題に続き、問題を解決します。
まず、メニューが良く分かっていませんでした。
プロジェクトビューと、デザインモードでは、ナビゲータービューと、ライブラリビューがあります。
ライブラリビューでは、エレメント・リソース・インポートの3つのタブがあります。
前回使った、bluebubble.svgは、フォルダに配置すると、リソースタブを開いたときに読み込まれます。

さて、プロジェクトの再作成をして、デザインモードでラベルを削除し、エレメントタブでRectangleを配置し、リソースタブに切り替えてsvgアイコンをmainWindow(Rectangle)に配置。svgのidはbubbleとします。
そして、デザインモードのナビゲータービューで、mainWindowとbubbleのExportボタンを押すと、Page1Form.ui.qmlにエイリアスができます。
qmlとは、言語のことで、qml言語でスクリプトを書いていきます。
今のままでは、Page1にすべてが定義されていて、バブルイメージに、デザインモードの機能で、加速度をつけて動かすことはできません。
そこで、別のファイルに定義を放り出し、手書きで動きをつけます。
ナビゲータービューでbubbleを右クリックして、Move Component into Separate Fileというボタンを選ぶと、ダイアログが出て、位置のチェックを外し、ui.qmlを作らないようにします。
Bubble.qmlファイルができたら、ID定義を外し、x,yを固定値でなく、またfillMode: Image.PreserveAspectFitも外します。以下のように編集します。

main.qmlの編集では、bubbleのIDと、位置を定義します。

前準備が終わったら、ビルドしておきます。
次に、バブルをどう動かすかの定義です。
import QtSensors 5.0にて、センサーをインポート

onReadingChangedは、Accelerometer のシグナルで、新しい位置を求めて、希望する範囲に補正します。
さてさて、これでビルドして、起動すると、エラーが出ます。
W libfirstsample-bubble.so: qrc:/main.qml:54: ReferenceError: mainWindow is not defined
前回と同じエラーです。Accelerometer 内では、mainWindowが見つかりません。これは、ApplicationWindowに定義すると、問題が解消されます。チュートリアルに抜け落ちていたのです。
次なるエラーは、svgファイルが見つかりませんというエラーです。
これは、プロジェクトビューで、qml.qrcに、既存ファイルとして、アイコンを追加します。
それでも、エラーが起きます。
W libfirstsample-bubble.so: qrc:/Page1Form.ui.qml:21:9: QML Bubble: Error decoding: qrc:/Bluebubble.svg: Unsupported image format
これは、プロジェクトがsvgを認識していないことを示します。
proファイルをエディタで開き、モジュールを読み込みます。
QT += quick sensors svg xml の3つを追加します。
ビルドして、QTSVGがインクルードされ、リンクされるのを確認します。
さて、前回はPage1FormをmainWindowにしたので、バブルが2つになりましたが、今回はうまく動きました。

コメントは受け付けていません。

上に戻る