大阪市中央区 システムソフトウェア開発会社

営業時間:平日09:15〜18:15
MENU

Qtで作ってみた・・アナログ時計 時分秒針画像の回転描画(QPainter編)🍻

著者:川上洋
公開日:2020/03/23
最終更新日:2020/03/23
カテゴリー:技術情報 雑記

こんにちは。川上です。

Qt上での回転処理で結構、ドボってましたw。
で、画像回転処理How-toに、それなりの、しきたりなるもんがあったみたりで。

ホンマかようわかりませんけど、なんとなくでけたので( ^ ^ )/■です。

し・き・た・りのMy備忘録(ウソかもね。。)
・ QPainterは、いっぺんに複数以上の画像描画処理を連続しちゃいけない。
・ QPainterは1枚処理終了後に、次処理にワタルべき
・ 回転処理の順序の鉄板しきたり
・ 表示指定位置処理 → 回転処理

ーー mainwindow.cpp ーー

でした。
諸々の微調整(文字位置など)は、追々で。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

上に戻る