大阪市中央区 システムソフトウェア開発会社

営業時間:平日09:15〜18:15
MENU

日ごろ使っている言語ツールが軒並みバージョンアップ

著者:高木信尚
公開日:2015/12/06
最終更新日:2018/06/14
カテゴリー:雑記

こんにちは、高木です。

つい先日Visual Studio 2015のUpdate 1を適用したかと思えば、日ごろから使っている他の言語ツールもどんどんバージョンアップされています。
バージョンアップは手間といえば手間ですが、ツールが活発に更新されるのは悪いことではありません。

(日本時間で)昨日の土曜日には、ついにPHPのバージョン7.0.0がリリースされました。
そして同じ日に、GCCのバージョン5.3もリリースになっています。

PHPについては先日の記事でも触れたように、今後はバージョン7を使っていこうと決めたところだったので、正式版がリリースされたのはありがたいことです。

GCCのバージョンアップはバグフィックスのようなので、これといって目立った機能追加はなさそうです。
Linuxで使っているGCCは事情があって安易にバージョンアップできませんし、MinGW-w64はすぐには5.3になりません。
ArduinoはIDEに付属のものを使っているので4.8.3のままです。

他にも組込み用途でGCCを使うことがありますが、i686やx86_64と違って最新版に飛びつくのは非常に危険です。
GCC以外のツールも、常に最新版を追いかけるようなことはしていませんが、動向だけは把握しておきたいところです。

どんなことでもそうですが、実際に「使う」かどうかは「使える」ようになるまで選択すらできません。
最新バージョンについても、可能な限り早い段階で「使える」ようにしておきたいものです。

コメントは受け付けていません。

上に戻る